鳥取県地図
表中の番号をクリックすると詳細がご覧になれます。
※土木学会選奨土木遺産  国重要文化財指定  国登録有形文化財  世界文化遺産
NO分野構造物名市町村名備考竣工年代
1河川袋川改修 鳥取市3度にわたる川の付け替えで城下町、県都の整備を図る寛永9年(1632)〜
2河川安長土手(嵐ケ鼻土手) 鳥取市中世以来の洪水との闘いを物語る古い堤防13世紀以降
3ダム・堰旧美歎水源地 鳥取市近代水道施設から砂防堰堤へ役目を変えて地域に貢献大正11年(1922)
4ダム・堰三滝ダム 智頭町現存する希少なバットレス構造のダム昭和12年(1937)
5ダム・堰菅沢ダム 日南町鳥取県最大の多目的ダム昭和43年(1968)
6用水路米川用水 米子市弓ヶ浜の砂地に恵みの水を届ける宝暦10年(1760)
7砂防清水川砂防堰堤群 倉吉市「SABOU」の始まりは、霊峰大山から昭和12年(1937)
8トンネル戸倉トンネル 若桜町・
兵庫県宍粟市
播磨への最短路、峻坂・豪雪の峠を貫く昭和30年(1955)
9トンネル志戸坂トンネル 智頭町・
西粟倉村
参勤の道、智頭往来の峠に願いを込めて昭和9年(1934)
10橋梁若桜橋 若桜町鬼ヶ城の山々に映える3連の美しいヴォールト・アーチ橋昭和9年(1934)
11橋梁登山橋 伯耆町大江川の深い谷間に架かる大山へのアーチ橋昭和9年(1934)
12橋梁智頭橋 鳥取市京への道の起点となる袋川に架かる城下のシンボル橋昭和31年(1956)
13橋梁三朝橋 三朝町温泉街に情緒を添える木橋の風情を備えた鉄筋コンクリート橋昭和9年(1934)
14橋梁日野橋 米子市商都の玄関口に大山を背景に映える6連曲弦トラス橋昭和4年(1929)
15橋梁千代川橋梁 鳥取市県内の鉄道橋梁としては最長、最古明治41年(1908)
16橋梁河原橋 鳥取市智頭往来の危険な渡しは安全なコンクリート橋へ昭和9年(1934)
17街道八橋往来 倉吉市倉吉発展の基盤となる流通を支えた道江戸時代
18鉄道若桜鉄道関連施設 若桜町地域の交通を支え、今なお町の活性化に寄与昭和5年(1930)
19港湾赤碕菊港 琴浦町現存する希少な江戸期の石造防波堤江戸時代中期
20海岸皆生離岸堤 米子市100年前の都市計画、「皆生温泉街」を波から護る昭和45年(1970)〜
21発電旧江尾発電所 江府町装飾的な外観を留め、現存する数少ない石造発電所大正8年(1919)
22建築仁風閣 鳥取市フレンチルネッサンス様式の西洋館。中国地方屈指の明治建築明治40年(1907)